翻訳サンプル

  1. 【産業上の利用分野】
    本発明は就寝者が、床ずれの危険性があるのかどうか、また就寝装置のどの部分で床ずれを起す危険が起っているか(以下この床ずれを起す危険のある部分を床ずれ部位という)を検知する就寝装置に関するものである。
    ↓  ↓  ↓
  2. [Scope of the invention]
    The present invention relates to a bed apparatus detecting whether the sleeper has a risk of bedsores and at what part of the bed apparatus there is a risk of bedsores (the part where there is a risk of bedsores is termed “the bedsore site” hereafter).
  3. 【従来の技術】
    発明者らは、先にこの種の就寝装置として、複数の体動検知手段と制御手段を用いて就寝中の人の体動を検出し、体動検知手段各々に応じた判定閾値を記憶させた記憶部位をもたせ、体動を寝返りや手足の動き等による粗体動と心拍や呼吸等による細体動に判定して床ずれ危険防止の報知を行う就寝装置を考案した。図7にそのブロック図を示す。この図に示すように、体動検知手段1a~1eによって検知された体動の信号は信号変換手段2で処理される。そして記憶手段3に記憶されている体動検知手段のそれぞれに対応した閾値を用いて、判定手段4において細体動、粗体動、または就寝者が存在するか否かの判定が行われていた。そして、寝具に装着された体動検知手段の部位毎の細体動の判定の継続した時間を計時手段5が計時して計時時間を出力し、細体動の継続が一定時間を超えると、床ずれ部位の報知を行なっていた。
    ↓  ↓  ↓
  4. [Prior art technology]
    The present inventors previously invented a bed apparatus of the above kind in which multiple motion detection means and a control means are used to detect motions of a sleeping person, a storage part storing determination thresholds corresponding to the motion detection means, respectively, is provided, the motions are identified as course motions such as rolling over and movements of limbs or as fine motions such as heartbeat and breathing, and notification for preventing a risk of bedsores is made. Fig. 7 is a block diagram of the apparatus. As shown in the figure, signals of motions detected by motion detection means 1a to 1e are processed by a signal conversion means 2. Using thresholds stored in a storage means 3 and corresponding to the motion detection means, respectively, a determination means 4 identifies a fine motion, a course motion, or the present/absence of a sleeper. Then, a timing means 5 measures the duration of the fine motion at each site of the motion detection means attached to the bedding and outputs the measured duration. When the fine motion continues longer than a given period of time, a bedsore site is notified.
  5. 【発明が解決しようとする課題】
    しかしながら、上記技術の就寝装置では、次のような課題があった。就寝中に生じる体動の中には、局所的な皮膚の連続的圧迫を取り除いたり血流の悪化を改善したりする床ずれの防止になるような体位変換と同等の体動であっても、床ずれの防止にならない体動と検出し、床ずれの防止にならない部分的な体動、例えば手足だけが移動するような体動でも床ずれを防止する体動と検出し、誤って報知することが多かった。この理由は体動が生じると、生じた体動の種類に関わらず体動の生じた部位毎に検出を行うので、生じた体動が床ずれを防止できないような部分的な体動であっても床ずれを防止する体動が生じたと判定することによる。そのため、部分的な体動が生じただけで床ずれ部位として報知できないという課題があった。
  6. ↓  ↓  ↓
  7. [Problems overcome by the invention]
    However, the bed apparatus of the above technology has the following problem. Among motions occurring while sleeping, some motion is detected as a motion that does not prevent bedsores even if the motion is equivalent to turning over for removing continuous pressure on a local skin or correcting poor blood flow to prevent bedsores and some local motion that does not contribute to prevention of bedsores such as movements of limbs is detected as a motion preventing bedsores, whereby false notification is often made. This is because once a motion occurs, the motion is detected on the basis of motion sites regardless of the nature of motion. Therefore, even if the motion is a local motion that does not prevent bedsores, it is sometimes assumed to be a motion preventing bedsores. For this reason, it is a problem to notify a bedsore site when just a local motion occurs

▲ページ上部へ戻る

お見積もり・トライアル翻訳のお申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

資料請求

会社概要など資料をご希望の方は、
下記に「お名前」「メールアドレス」をご記入の上、送信ボタンを押してください。翻訳に関するお得な情報もお届けしています。

メール:

ブログ

会社情報

ワシントン特許翻訳センター

有限会社ディーシー・グループ
米国ディーシー・グループ 日本事務所
〒270-1603 千葉県印西市吉高1886-47
TEL:0120‐850‐447
FAX:0476-98-1206(24時間受付)